ホームドクター紹介

ドクター紹介

院長:森田和政


皮膚の「痛み」や「かゆみ」は、他人になかなか理解してもらえないものです。見た目でお悩みの方も少なくありません。私は、患者さんのお話をよく聴くことで、お困りのことに共感し、治療をすすめていきたいと思っています。

また、皮膚は体の最も外側にあるので、「見せていただく」ということが、皮膚科の診察では大切になります。しっかりと見たうえで、適切な検査をし、科学的根拠に基づいた病気の説明、治療を行います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

1993年 京都大学医学部卒業
1993年 京都大学附属病院皮膚科研修医
1994年 大阪赤十字病院皮膚科研修医
1995年 京都大学大学院医学研究科大学院生
1999年 島根県立中央病院皮膚科医長
2000年 京都大学大学院医学研究科皮膚科助手
2003年 Keratinocyte Laboratory , Cancer Research UK 留学
2006年 山口大学大学院医学系研究科皮膚科助教授(准教授)
2008年 天理よろづ相談所病院皮膚科部長

医学博士、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

副院長: 森田奈緒子


私はこれまで皮膚科医として様々な疾患の治療に従事してきましたが、皮膚疾患というものは小さなものから大きなものまで多岐に渡ります。日々の診療は尽きることのない勉強であり、一生研鑽を積んでいきたいと思っています。

皮膚に関することはささいなことからどうぞお気軽にご相談ください。お子さんに対しては、「もしわが子であったらどうするか」、同年代の方には「もし自分だったらどうするか」、ご年配の方には「もし自分の両親であったらどうするか」、という視点を常に忘れず、来院された方々にほっとしていただけるようなホスピタリティをご提供していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

1995年 徳島市立高校理数科卒業
2001年 京都大学医学部卒業
2001年 京都大学附属病院皮膚科研修医
2001年 洛和会音羽病院
2002年 京都大学附属病院皮膚科医員
2003年 福井赤十字病院皮膚科医員
2004年 京都大学医学部附属病院皮膚科医員(病棟指導医、皮膚外科外来担当)
2006年 産休
2007年 きたじま田岡病院皮膚科医師

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

関連リンク


このページの先頭へ